生活習慣病になる前に知っておこう

生活習慣病は私たちの心掛け次第で減らせます

かつては不治の病と呼ばれていた病気でも、医療の進歩により、今では治療が可能になった病気がたくさん存在しています。ですがこれにとって代わるかのように増えているのが、生活習慣病なのです。

生活習慣病とは人の生活習慣に由来する病気で、良くない生活習慣を繰り返す事により、発生する確率が高まってしまう病気なのです。主な生活習慣病にはがん、糖尿病、心臓病などがあげられます。
これらの生活習慣病は偶然発病すると言うよりも、特定の生活習慣をする事により、発病しやすくなります。たとえばがんの一種である肺がんは、タバコを喫煙する事により、発がん率が一気に高まってしまうのです。ですから肺がんになりたくなければ、禁煙などをしてタバコを控える事が大切です。

また最近増えている糖尿病は、現代病とも言える病気なのです。糖尿病はカロリーや糖分を取り過ぎたり、運動不足だとかかり易くなります。現代はお金を出せばいくらでも食べ物を食べられますから、食べ物を食べすぎる傾向があります。
更に自動車やエレベーターなどの普及により、歩く事が少なくなっています。それでエネルギーを消費しにくくなり、ますます糖尿病にかかり易くなってしまっているのです。ですから糖尿病にならないようにするには、暴飲暴食を控え、積極的に運動をするようにすればいいのです。

また昔から私たちは塩分を取り過ぎる傾向がありました。それが原因となって高血圧になり、心臓病を誘発してしまっています。ですから心臓病にならないように、塩分控えめな食事を心がける事が大切です。
このように生活習慣病と言うのは、私たちの日ごろの生活習慣によって、かなり防ぐことが出来ます。私たち一人一人が生活習慣病に対してしっかりとした知識を得て対策を取る事で、生活習慣病にかかる人を激減させる事ができます。