生活習慣病になる前に知っておこう

HOME >>  生活習慣病 > 適度な運動によって防ぐ

適度な運動によって防ぐ

生活習慣病になるのは、日常生活から起こる場わいがほとんどです。寝すぎるのも生活習慣病の引き金になります。そこに運動不足が重なると、より生活習慣病になりやすい体質になってしまいます。適度な運動を毎日やっていれば、新陳代謝が良くなります。その新陳代謝が良くなると、血流も良くなります。肥満防止にもなりますし、健康的な体力をつくる事ができるようになります。

運動を適度にしておけば、食事をしてから急激に血圧が上がる事も防ぐ事ができます。緩やかに血圧が上がる事で、血管を傷つける事も防ぐ事ができます。

生活習慣病には、糖尿病があります。糖尿病は、不規則な生活や運動不足で起こることが多く、その生活を見直す事で防げます。糖尿病は、糖分の多い食事を多く食べる人もなりやすいです。脂っこい食事ばかり食べている人は、脂肪が体につきやすくなります。脂肪が多く付いた事をメタボリックシンドロームと言いますが、このメタボは、生活習慣病になりやすい体質に変えてしまいます。

脂っこい食事をしても、体に付き難いように、食物繊維の多い野菜をたくさん食べる事で防ぐ事ができます。でも、野菜嫌いの人や、新陳代謝の悪い中高年の人は、メタボになりやすい傾向にあります。このメタボも、やはり適度な運動が重要です。

生活習慣病は心臓病になりやすく、若い人にも多くなっている病気です。生活習慣病は、誰にでも起こるものです。ただ、急になるよりも、長年の積み重ねによって生活習慣病になってしまう事が多いのです。生活習慣病にならないようにするためにも、若いうちから規則正しい生活をする事が肝心です。

生活習慣病は、加齢によっても起こりやすくなります。加齢は誰にでも起こるものです。それを克服するには、日頃の運動と食事で克服する事ができます。