生活習慣病になる前に知っておこう

HOME >>  生活習慣病 > メタボリック症候群

メタボリック症候群

おなか周りにぜい肉がついている人のことを、よく「メタボ」と言いますが、これには定義があるんです。

メタボは「メタボリック症候群(メタボリック・シンドローム)」のことで、2005年に日本循環器学会や日本糖尿病学会など8つの学会が共同作成し、発表されました。メタボリックは直訳すると「代謝異常」という意味になります。

この定義によると、おへその高さで測定した時のお腹まわりが、男性で85センチ以上、女性で90センチ以上であることと、高血糖・高血圧・脂質異常(高脂血症)のうち2つ以上に当てはまる状態を、メタボリック症候群としています。

なぜメタボリック症候群になるかというと、遺伝的な要因の場合もありますが、運動不足や食べ過ぎといった、現代人にありがちな生活習慣による要因も大きいと言われています。
また、過度なストレスは自律神経のバランスを崩し、血流が悪くなるなど代謝に悪影響を及ぼしたり、体内のあらゆる機能を低下させるため、疾患につながるリスクが高まります。

脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪がありますが、メタボリック症候群のベースとなるのは内臓脂肪。女性より男性の方が、体質的に内臓脂肪を付けやすいと言われています。
内臓脂肪があると、糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病を発症しやすくなるため、早食いや脂っこい食事を好むタイプが多い男性は特に注意が必要です。実際、男性のメタボリック症候群の人は、女性より5倍も多いということです。

厚生労働省の指針によると、メタボリック症候群の予防と改善には、「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後にクスリ」となっています。
「メタボになりそう」と心配な人は、生活習慣を見直して内臓脂肪を減らすことから始めてみましょう。