生活習慣病になる前に知っておこう

HOME >>  生活習慣病 > 生活習慣病を防ぐための生活習慣

生活習慣病を防ぐための生活習慣

現代人のかかりやすい病気のひとつに、生活習慣病があります。中高年だけではなく10代や20代のような若い層の間でも、年々増加しているのが生活習慣病です。
生活習慣病という名前からも分かるように、この病気は遺伝以上に常日頃からの食事や生活による影響が大きい病気なのです。
そのため、誰にでもかかる可能性があると共に、逆に予防法のある病気とも言えるのです。そこで、生活習慣病を予防する為の生活について紹介していきます。

生活習慣病を予防するには、特に食生活に注意を払う必要があります。一番予防として適している食事内容というのが、古き良き時代の日本食です。
魚や野菜、大豆製品などは身体を整え、生活習慣病を防ぐ為に最適な食事です。逆に、欧米のような肉や加工食品、塩分や糖分の多い食事は病気を引き起こしやすい食事といえます。
残念ながら現代人は、外食やファーストフード、加工食品を身体に取り入れる機会が多くなっているため、生活習慣病に悩まされる様になったのです。
出来るだけ、和食を中心としたメニューを心がけるようにしましょう。

食生活だけではなく、昼夜の逆転した生活や運動量の圧倒的に少ない生活、ストレスを溜め込む事も、生活習慣病にかかりやすい生活たと言えます。
規則的正しい生活とともに、毎日少しずつでも運動を行う事や車に頼らず良く歩く事が大切です。
適度な運動は、ストレスの解消にも役立ちますから生活習慣病を防ぐためにはお勧めです。

生活習慣病には、遺伝は全く関係ないとは言えず、同じ生活をしていても病気にならない人もいれば、なってしまう人もいます。しかし、上記のような食事や生活に気をつける事で、生活習慣病を予防する事は不可能ではないのです。